読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かわかもがわ

再び始まる日々の備忘録

夏旅行at九州(8/26→9/1)その1?

8/26→9/1で関西、九州地区に出かけてきたのでまとめ記事的なものを。写真入り記事っぽいのは書くとしたら後日になりそうなので一応タイトルには「その1」を入れておきました。

流石に6泊7日で毎日朝早起きはしんどかったので次回からはもっと軽量な旅行にしたいってのが今回の旅行の感想。前数日分は少し削って次回回しにしてもよかったかなぁと思ってます。ただ、予定してたとこはそこそこ隈無く回れて無事帰ってこれたのでまずまずかなと。

今回の大まかな行程作りはだいぶ迷ったのですが結局、

東京→(MLながら)→大阪経由→(高速バス)→九州→(飛行機)→東京

って行程にしました。高速バスの部分はムーンライト九州が残ってたら多分8000円くらい安くなってたのでそっち使ってただろうなぁ・・・と。帰りの方は倉敷からサンライズ出雲とかいろいろ考えたのですがSolaseedの「予約のできるヤング割」が時期の割に安いのでそっちを利用することに。

MLながらは18切符利用で関西に出るときは大体お世話になっている気がしますが、消灯しないのとかで今回もほぼ徹夜。座席座りっぱなしだったのもあっておかげさまで一日目はひどい寝不足性の頭痛に悩まされることとなりました。ただ車窓眺めてるといろいろ保守点検用の車両とかおもしろげなのが止まってたりするのが見れたりしてなかなかその点で列車夜行はおもしろいです。夜行高速バスでは駅名標が車両の横側に出てくれないので現在の走行位置がわかりづらいってのもあります。

大阪では京阪のフリー切符を利用して旧3000系スタンプラリーと宇治線乗りつぶしを。本当は京津線石山坂本線も春に引き続き乗っときたかったのですがフリー区間外だったので次回回しに。あとは適当に道頓堀いって春にお世話になった銭湯で暇をつぶしてバスのリばへ。

大阪からは阪急・西鉄バスの「ムーンライト号」。阪急バスに以前乗ったときに3列独立シートの快適性にびっくりしたものですが今回も3列独立シート。この日はずっと眠かったので消灯前に就寝させていただき、壇ノ浦まで熟睡させてもらいました。やはり高速バスは3列独立よりグレートが上がらないと寝れない印象。途中、三木SA、壇ノ浦SAで休憩がありましたが大阪発便だと三木までカーテンが閉まらないのがなかなか長く感じるかなと。あとは壇ノ浦SAでカーテンを開ける作業があってすぐに関門海峡を渡るので九州に来た感MAXで九州に入ることになるのでなかなかおすすめのバス便です。

思えば東京→大阪も阪急バスにして九州内では「旅名人の九州満喫きっぷ」(特急利用時は2/4枚きっぷ併用)だとか「ゾーン券」を使った方が快適に旅行できたかなーと。いろいろ行き方だけでも勉強不足感が(^^;;

九州まわりは次回。